IPレバレッジとは

「IPレバレッジ」では、サービス名の由来になった「知財活動を通じて企業価値向上にレバレッジ(てこ)をかける」というミッションのもと、

スタートアップ企業に対しては「市場優位性を獲得する上で適切にポートフォリオ管理された知財の取得を通じて、IPO・バイアウトの際の企業価値を最大限に高めること」

上場企業に対しては「自社が保有する技術資産の適切な権利化・活用・株主への開示を通じて、企業価値(株価)をあるべき位置まで最大限に高めること」、

をゴールに設定し、クライアントと共に実現を目指していきます。

 

10/22無料セミナー申し込み受付中

セミナー当日参加できない方にも、後日スライド資料を共有します。
ご興味のある方は下記フォームよりお申し込みください。

運営チーム紹介

「企業に技術資産マネジメントを根付かせ、持続的な成長力を生み出す参謀集団」をコンセプトとした技術コンサルティング企業。元デロイトトーマツコンサルティングの鈴木健二郎により2019年4月設立。

【サポート内容】技術・知財の価値評価、大企業への技術マーケティング、法務・税務サポート 
京都大学での学生主体の発明創造活動から生まれた「発明塾」「e発明塾」サービスの提供を通じ、時代の先を見据えた発明・知財・事業の創造を行う「現代のエジソン」を、一人でも多く育てることに取り組んでいる。2008年3月設立。

【サポート内容】技術の活用方法のアドバイス、新規発明のサポート 等
IT系知財の専門家集団として、IT企業、スタートアップ企業に特化した知的財産サービスを提供している。社名には、Tech系企業をIP(知的財産)で支援するという意味と、知財業界のテクノロジーを駆使して新しい時代の特許事務所を構築していきたいという思いが込められている。2018年5月設立。

【サポート内容】権利化アドバイス、知財出願サポート 等
IT系知財の専門家集団として、IT企業、スタートアップ企業に特化した知的財産サービスを提供している。社名には、Tech系企業をIP(知的財産)で支援するという意味と、知財業界のテクノロジーを駆使して新しい時代の特許事務所を構築していきたいという思いが込められている。2018年5月設立。

【サポート内容】権利化アドバイス、知財出願サポート 等

事例紹介

サービス概要

サービス名称 IPレバレッジ
ミッション 知財活動を通じて企業価値向上にレバレッジ(てこ)をかける
運営 株式会社テックコンシリエ・TechnoProducer株式会社・IPTech特許業務法人
サービス開始 2020年1月
主な支援先 京都大学イノベーションキャピタル(京都iCAP) ※公開の許可をいただいたクライアントのみ
サービス開始 2020年1月

問い合わせフォーム

当サービスの詳細を知りたい方は下記フォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信